コラム/原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術

HOME > コラム

失敗しても苦労しても何度も立ち上がる勇気

今までの人生で、どれだけの失敗を経験したでしょうか。失敗の数が多すぎて、9割以上忘れています。

失敗しても苦労しても何度も立ち上がる勇気

 『ポジティブ思考』という言葉は、とくに自己啓発の世界で、よく言われますよね。「積極的に考えれば人生が好転する」という考え方です。けれど、現実はそう簡単ではないわけで。「ポジティブになれ!」という提案は、人間の本質をとらえていません。そもそも活力があって、自制心が強い人は、ネガティブになりづらい。

簡単に言うと…

まず(1)ポジティブ思考になる。
すると(2)願いが叶う。
ただし、(1)と(2)は一足飛びではなく、


その間にいくつか行程が必要です。

 仮に、精神的な葛藤を乗り越えてポジティブになれたとしましょう。でも、それだけでは願いは叶いません。もし叶ったとすれば、かならず他の条件も満たしているはずです。念じるだけで何かが起こる、ということはないのです。よく「感謝すれば運がよくなる」というのもありますが、あれなんてまさに短絡的な思考の典型です。「感謝する」ことを意識的にやったらダメで、もう無意識にね、感謝体質にならないと意味ないんです。

つまり

「感謝しなくちゃ…」
「私は感謝してる!」

といった感情がわいた時点で、感謝していないんです。つまり感謝するなんてあたりまえのことだから、それをあえて口に出したり、思考したりするのは、本質的に矛盾なのです。


 本当に感謝できる人は素直な人です。つねに言葉のはしばしに、感謝の用語がちりばめられていて、口調とか笑顔とか、ようは態度がすでに感謝モードになっているはず。そういう人は、多くの人から愛され、大切に扱われます。だから運がいいのです。これが、金運を爆上げして、「欲しいもの」を手に入れる重要なポイントです。

 仮に1億円欲しいとします。宝くじやギャンブルで、1億を手に入れようと考えた利子ないこと。また、コツコツと貯金して貯めても500万円が限界です。そうではなくて『1億の収益が上がるシステム』を学ぶことです。「もっとお金があったら…」と考える人は、欲しいモノを手に入れるなんてできないのです。

 たとえば、「お金さえあれば新規事業を始められる」とか、「あと数百万あれば機械を導入して、さらに収益を見込める」という考えがベースにあるのは、現状に感謝できていない状態です。こういう価値観のときは良い人材が離れていきます。そこにあるのは不満であり、「もし▲▲だったら△△なのに」という現実逃避と憧れだから。ちなみに、これを『反実仮想』といいます。

 逆に、「どうしたら欲しいモノが手に入るか」を、つねに考える習慣があれば、人材が集まってきます。「△△するためには何をすればいいんだろう?」と考える方が建設的なのです。

Twitterでも定期的につぶやいています。はじめてちょうど10年になります。フォローも忘れずによろしくお願いします!
https://twitter.com/hoshiyomi_taka

日本人の宗教思想は、多岐にわたって自由度が高い

 昨日は原宿で陰陽師カードの直伝レッスンでした。ひさびさのオンラインなし、現地のみセミナーは満席で、ぼくも饒舌になりました。さて今月は29日に、ルーカスさんの手相講座が開催されます。

lucas_tesou.jpgのサムネイル画像

『知識0から始める“実践型”手相占いzoom講座』
https://harajuku-uranai.com/tesou_lucas_202210/

 手相が身近になって、そしてもっと学びたくなる内容で、同じ趣味の友達を増やすきっかけにもなります。もし占いが好きなら、手相はできたほうがいいです。

日本人の宗教思想は、多岐にわたって自由度が高い

 本を読んだり、動画で学んだりと独学も大切ではありますが、セミナーに参加して、大勢の人と関わることで新しい風が吹き込んできます。2年前、コロナ禍となって、いっきに状況が変わりました。今まで慣れなかったオンラインの講座がメインとなったわけです。

 それでも、やはりオフラインのリアル講座は人気で臨場感が違いますよね。昨日のセミナーでは、なぜ陰陽師カードを作ったのか、どうしてこの構成になったのか、という話を歴史になぞらえてたっぷり話しました。

 

 そもそも陰陽道とは、中国伝来の陰陽五行説に基づき、天文・暦数・卜筮(ぼくぜい)などの知識を用いて、吉凶や禍福を占う方術を使います。朝廷は陰陽寮を設け、平安時代には全盛を極めました。そんな陰陽寮ですが、明治3年に政府によって廃絶させられ、現存しないのが現実です。

ただ、その流れを汲む一派も少しだけ残っています。

 神道との共通点は、装束(衣装)が似ていて、儀式にも類似した点があります。陰陽道の風習でもある節分や節句、七夕などが神道の儀礼として残っています。陰陽道は道教の影響も強く受けています。


 道教は神というより、道(tao)を信仰しています。道(tao)とは、陰陽説や五行説など宇宙の法則を示し、それとの調和を目指して気功などを行うので、インドのアーユルヴェーダやヨーガの中華化とも言えます。老子が始祖で、国については「小国寡民」がいいと言っています。国は小さく民は少ない方が、物事はうまくいくという、社会学的な視点ですね。

 日本の神道と同じ多神教ですが、神道と違うのは、トップに天帝という親分がいて、その配下の神様が存在し、組織化しています。でも神様は力が弱く、孫悟空に敵いません。長寿や富貴を目的とするため俗っぽい宗教でもあります。

 道教や陰陽道は、仏教とぜんぜん違います。本来の仏教は神がいない宗教で、人間が悟りを開いて仏陀になるのが目的です。悟りとは、我欲を取り去ること。日本人は、神道と仏教ががちゃんこしていますよね。さらに陰陽道と道教の習慣も絶妙に入り混じっています。

思想的には、仏教や儒教も信じている、それがぼくたち日本人。

 だいたいにして神道は、日本特有の民族古来の観念に基づく風習です。自然崇拝とアニミズムを特徴として、仏教・儒教・道教から影響を受けて形成した文化です。神社神道を筆頭に、教派神道・民俗神道・古神道などがあります。逆に神道や陰陽道が仏教に影響を与えて、密教や修験道(しゅけんどう)なども生まれています。日本の宗教は、多岐にわたっているし自由度が高いです。

 それゆえ、迷信や俗説などを信じやすい土壌でもあり、占いを求める人が後を絶ちません。昨日も参加者から、「風水のセミナーは開かれないのですか?」という質問がありました。たしかに、風水の講座は、しばらくやっていないです。もしニーズがあるようでしたら、風水講座を企画しましょうかね?現地のみかzoomのみが、それともオンオフ両方でやるか…さっそく今日、社内で検討してみます。

 さて、陰陽師カードのガイドブックですが82、83ページに誤植があります。正しい原稿を、以下のリンクからダウンロードして、A4用紙にシロクロ印刷をして切り取り、差しかえてください。

https://www.hoshiyomitaka.com/books/post-12.php


原稿の大きさは原寸なので、サイズの倍率調整などしないでそのまま印刷してください。そんな陰陽師カード、こちらのサイトから購入ができます。

陰陽師カード.jpgのサムネイル画像
https://amzn.to/3TgA2bz


 ぜひ、レビューを書いて応援してください。レビューは、ともて励みになります。あなたが書いたレビューの力で、多くの読者さんやファンが増えます。

会社が急に倒産し、お店も頻繁に閉店する時代

 人生において、不安はつきものです。生きている以上、ほとんどの人間が「不安な気持ち」を抱きますよね。不安になると迷うし、不安になると焦るはずです。つまり、悩みは不安になるから生まれるのです。

会社が急に倒産し、お店も頻繁に閉店する時代


 不安やプレッシャーを楽しめる人なんてそんなにいません。心臓がキューっと締め付けられ、のどが異様に乾いたり、胃が痛くなったり手が震えたり…。頭では「なるようにしかならない」と分かっていても、感情は安定してくれないものです。

「誰かから批判されるかも」
「いきなり解雇されるかも」


という気分は厳しいですよね。

 その不安から逃げることで解決をはかるというのは、よい策ではありません。強敵に立ち向かうことで、自分の経験値も上がると考えれば、むしろプレッシャーはチャンスです。問題は、あの独特の不快な気分をどうやって減らすか。それさえ出来れば、不安に立ち向かえるはず。不安が押し寄せてきたとき、別のことを考えて、切り替えるようにしてみます。「感情を自在に切り替えられる」という感覚を身につければ、徐々に強くなることができます。

不安になったら
⇒楽しいことを考える
⇒また不安になる
⇒楽しいことを考える

 これを続けていると、「苦しみは現実そのものではなく感覚なのだ」と脳にインプットされます。他人に切り替えてもらうことはできません。自分でしか切り替えられないのです。自己肯定する能力を身につけることです。誰かに批判されて、その批判にまた別の人が同調する。それを静観するのですが、無視するのとは違います。無視したり、見て見ぬ振りをするというのは、意識していることになるからです。

だから《静観》する。

 不安に感じたことの95%以上が、実際にはおこりません。しかし、まれにおこったりします。その際は「しょうがない。これが定めだ」と、思うのです。これはあきらめるのとは違います。あきらめてはいけません。方法を変えるのです。

 
 今の時代、会社が急に倒産しますし、お店も頻繁に閉店します。取引先が倒産するのは、不思議ではありません。その都度、巻き沿いをくらいます。多額の借金を抱えることもあるでしょう。貸した金、投資した金額が、返ってこないこともある。

それが人間社会です。

 経営者だって、不可抗力で倒産することがある。そんな会社に勤めていたら、仕事がなくなって無職となる。そのくらいの憂き目は覚悟しておかねばなりません。安定した公務員だって、これから縮小されるでしょう。でも、それを憂いて不安になっていたら?


メンタル的にやられてしまいますよね。

 クビになったら次、探そう!だいじょうぶ、なんとかなるさ!そう考えるようにしておくのです。そして将来のことを考えて、今のうちに副業を始めましょう。会社に勤めていても、いまから複数の収入をつくるのです。だから、ぼくは占い師になる選択肢をお伝えしているのです。


原宿ほしよみ堂では、さまざまな勉強会やセミナーを企画しています。ちなみに今月は29日に、超人気の手相講座が開催されます。

『知識0から始める“実践型”手相占いzoom講座』

lucas_tesou.jpg
https://harajuku-uranai.com/tesou_lucas_202210/


 まだ若干数、空きがございます。手相がもっと身近に、そしてもっと学びたくなる内容ですし、同じ趣味の友達を増やすきっかけにもなります。 もし占いが好きなら、手相はできたほうがいいです。

京都駅から丑寅の方角にあった六条河原院と、今のほしよみ堂

 ぼくは昨日、朝早く浅草にいきました。17日にオープンする浅草ほしよみ堂の現地ミーティングのために。雷門から徒歩2分、駅A4出口からわずか10秒足らず。めちゃくちゃ好立地なので所属占い師も7名集まりました。

asakusa_bnt04.png

https://asakusa.hoshiyomido.com/


公式サイトも完成していますのでぜひチェックしてみてください!



京都駅から丑寅の方角にあった六条河原院と、今のほしよみ堂

 昨日は朝10時半ごろ浅草に着き、まずは内装をチェックから。そのあと日暮里へ移動し、カーテンやテーブルの生地などを購入。14時に浅草へ戻ってテーブルや椅子の到着を待ち、内装の飾りつけをしました。


気づけば夜21時30分まで8名でミーティングしていました。

 丸一日、仕事をして身体はかなり疲れましたが、心はとても充実しています。なぜなら浅草ほしよみ堂はオーナーをはじめとして士気の高いメンバーが集まったからです。全メンバーがぼくの鑑定を受けた経験があり、またセミナー受講者でもあります。

そのため、ブログやSNSの必然性を話すとみんな素直に聞いてくれますので最短での成功が期待できます。占い館成功の鍵は、ブログやSNSで9割決まります。ぼく自身、ブログやSNSだけで鑑定の予約が満了となったし、過去の所属メンバーたちも例外なく
その方法で最短成功しました。


  ただし、ブログとSNSは楽しみながらやらねば続きません。でも、残念なことに多くの人は義務でやってしまうのです。


 まず3年続けば10年続きます。10年続ければ一生できます。ほしよみ堂は原宿が本店で、フランチャイズ一号が大阪、そのあと川崎と秋葉原にできて札幌と横浜に出店しました。さらに長年の念願だった京都にもできました。

 大阪はオーナーの中臣ひとかさんが売れっ子占い師なので問題ありません。彼女の魅力と指導で、大成功しています。札幌は冬が雪で難しいですが、この夏はオーナーの努力でお客さんが急増しました。


 横浜も原宿所属だった海ちゃんが店長になり、彼女がブログとSNSを毎日書きますので、急にお客さんが増えました。残念だった川崎と秋葉原ですが、ブログの更新が少なかったのが最大の敗因です。どんなに立地が恵まれて占いに対して想いが熱くてもブログを書かなければ集客はできません。

 ただし、なんでも書けばいいのかというとそうではないのです。読者に響く内容じゃなければ書いても集客にはつながらないのです。ぼくが今、いちばん心配なのは京都店です。

昨年12月22日に京都の清水五条に誕生しました。

 ぼくの先祖、源融(みなもとのとおる)がちょうど屋敷を構えていた場所です。じつは、ぼくの先祖は、嵯峨天皇なんですけれどもその嵯峨天皇の息子、源融(みなもとのとおる)がご先祖さまにあたります。

 源融は左大臣でもあり、いまの渉成園である六条河原院を造営し、光源氏のモデルになった人物です。ぼくは源融から数えて28代目になります。六条河原院は、京都駅から丑寅の方角にあります。そのさらに丑寅の方角に、ほしよみ堂京都店があります。

 丑寅は艮(うしとら)とも書き、北東を指しています。鬼が住む場所と言われ、世間では鬼門と恐れられていますが、じつはそうではありません。鬼門は怖い場所ではなく、神聖でエネルギーが高いのです。

 昨日も書きましたが、浅草の繁栄を守っているのは、北東にある本龍院の聖天様です。2年前、娘と二人で、京都旅行に出かけました。先祖ゆかりの地を、二人でたっぷり観光したのです。嵯峨天皇と源融公の墓前にて、ほしよみ堂を京都に出したい!とお願いしました。ちょうど一年後、その願いが叶ったのです。

 そんな想いで生まれた京都店、大阪店に負けないくらいの大繁盛を願っているのです。ぜひとも、ぼくの意志を共有し、大発展に力を貸してください!


あなたのお知り合いで、京都に住んでいて、占いが好きな人はいませんか?もし、その人が、ぼくの志を理解できる素地があれば、全力で売れる占い師に育てます。


さて、今月25日(日)の『陰陽師カード直伝レッスン』おかげさまでほぼ満席、残席1名となりました。

陰陽師セミナー.jpgのサムネイル画像

https://harajuku-uranai.com/onmyoujicard_seminar/


ちなみに『陰陽師カード直伝レッスン』、もしご希望があれば、大阪や京都でも開催する意向があります。

ぼくたちは、つねにご先祖様たちから試されています。ぼくは、その使命から逃げることだけはしません。

小学生や中学生が理解できて民度を低くすれば本は売れる

今年から自社での書籍事業をスタートしました。その第一弾が『予約の絶えない占い師の知恵袋』という書籍です。

予約の絶えない.jpgのサムネイル画像
https://amzn.to/3cBLMVj


電子書籍でもペーパーバックでもお好きな方法でお買い求めできます。

小学生や中学生が理解できて民度を低くすれば本は売れる


 あなたが占い師になったら、本を出してみることです。でも、せっかく本を出すなら一冊でも多く売れたいですよね?じつは、民度の低い本はブレークしやすいです。いま売れている本は、身近な実用書なのです。しかも本の「民度」を落とすことが売れる要素なのです。


 ところで「民度」とは何でしょう?一般的に「民度」とは、経済の発展具合を表します。生活水準や文化水準を表すときによく使います。本の「民度」を落とす、ということはどういうことか…というと、小学生や中学生が読んでも理解でき楽しめる内容にすることです。

ただし、それがどれだけ難しいか。

「民度」を落とす方法を簡単に列挙すると、

・難しいことを簡単に、
・やさしいことを深く、
・深いことを面白く、
・面白いことを真面目に、

という感じです。

 平たく言うと女性や子供でも理解できる本です。これは決して悪い意味ではありません。内容が深くても、民度を下げたことによって、専門的な本を手に取らなかった読者が支持してくれるのです。ベストセラーとは、今まで本を読まなかった人たちが読んだ本の総称なのです。

『動物占い』って知っていますよね?陰陽五行説をベースに、四柱推命を動物に例えた占いです。四柱推命を理解するには、大変な時間と労力がかかりますが、「動物占い」なら手軽に、知りたい人間関係の一部分だけが即座に理解できます。四柱推命は1000年前に中国で誕生した占星術です。それを現代的にアレンジして

虎、チーター、ライオン、ゾウ、
狸、狼、猿、黒豹、コアラ、
ひつじ、こじか、ペガサスという12の動物に分類しました。

ようは、民度を落とした最高のモデルケースなのです。

 民度と落とすだけで、内容は読みやすくなるから読者が増え続けます。これから本を書くなら民度を落とす工夫をすべきです。もし、あなたが占い師ならばいつか本を出版するといいでしょう。本を出すと、人生が大きく変わります。また、占い師になることは本を出す近道でもあります。難しい本なんて書いてはいけません。小学生でも読める、そんな占い本は少ないです。ですから、ベストセラー作家になるのはけっこう穴が多いのです。

占い師という仕事は、知識を身につけてしまえば、リストラされても定年になっても関係なく続けられます。


【おうちで占いworkのすすめ】
https://harajuku-uranai.com/lp/lunalp-official/


 こちら登録無料なので、ぜひ見てください。今までセミナーや動画などで、占いの勉強をしてきたけれどもまだプロとして収入になっていない、という人のために、挫折しないカリキュラムを作りました。過去に挫折した人でも、やる気さえあれば何度でも再チャレンジできます。

 今月9月25日(日)『陰陽師カード直伝レッスン』を開催します。陰陽師カードと同時購入で、通常24,400円のところ特別価格23,000になります。

陰陽師セミナー.jpg

https://harajuku-uranai.com/onmyoujicard_seminar/


ご参加の方には、記録動画を視聴できるURLを発行します。
ぼくの動画を見ただけでプロの占い師になれた人がいます。

 浅草にもほしよみ堂が出店します。いま所属占い師は7名ですがまだ応募が続いており、順番に面接しています。場所は雷門一ノ宮通り、地下鉄A4出口の二軒隣のビル3階というなかなかの好立地です。応募やご質問などは公式Twitterのダイレクトメッセージに!

https://twitter.com/asakusa_uranai

 さらに、鎌倉ほしよみ堂も数名決まりましたがあと3名ほど募集します。鎌倉駅から江ノ電に揺られて2つ目の由比ヶ浜駅、長谷寺に向かうバス通りの路面店ですので土日は観光客で賑わいます。外観は清潔でスタイリッシュ、内装は昭和レトロな佇まい。畳の空間があって、ちょうど神棚の下の円いちゃぶ台で鑑定ブースを用意しました。

https://twitter.com/hoshiyomido_kmr

鎌倉店のお問い合わせはツイッターからお願いします。

ほしよみブックスでは、本を出したい人を大募集中です

本を出してみたい…


 そう思ったことはありますか?ぼくは25歳のとき、はじめて自分の本を出版しました。そして今年で、18冊目になります。ぼくは今年から自社での書籍事業をスタートしました。その第一弾として、『予約の絶えない占い師の知恵袋』という書籍を出版したわけです。

予約の絶えない.jpg

https://amzn.to/3cBLMVj

 すらすらと読めますので、ぜひ感想をレビューに書いて欲しいのです。電子書籍でもペーパーバックでもお好きな方法でお買い求めできます。


ほしよみブックスでは、本を出したい人を大募集中です

 文章がうまく書けない人でも、ベストセラー作家になれる可能性があるのです。「そんな、まさかね?」と疑問に思う人もいるでしょうが、出版の業態が大きく転換したのです。いまは「ブログ」があります。ブログは誰でも簡単にはじめられるので、利用者も数千人規模になりました。ネットから生まれるベストセラーに文章力は関係ありません。では、ネットで成功する作家なるには、なにが必要なのでしょうか?

それが『テーマ』です。

 その人の日常体験や日常生活を描いた作品が人気作品になるのです。売れる作品は、とても現実的です。リアリティがあるからこそ、読者は共感してくれるのです。さらに重要なのは『感性』です。売れる作家の感性は、著者だけが培ったものであり、教わったりできないものです。

「作家として才能なんてない」
「文章を書く力なんてない」

 なんて思い込んでいませんか?残念ですが、そういう勘違いがある以上、永遠に本は出せません。いまの時代、規制の価値観に捉われない、まったく新しい売れっ子作家がどんどん誕生しています。そして、あなたもそのひとりかも知れないのです。ほしよみブックスでは、本を出したい人を大募集しています。

・テーマの選び方

・企画のまとめ方

・本の作り方

・文章の書き方

 すべて、ぼくが知っています。売れる占い師になりたいなら、まずブログをはじめることです。そして、そのブログを本にまとめることです。じつは、これって誰にでも可能なのです。でも、多くの人たちは「そんなの私には無理だ」というバイアスをかけている。そのバイアス、ぼくなら外せますよ!

かつて陰陽師は、占術と呪術の達人だったのです

お待ちかね!陰陽師カードがようやく販売されました。

陰陽師カード.jpg

https://amzn.to/3TgA2bz

 5年まえに着想し、苦労しながら完成しました。カードの枚数は36枚です。36は「みつる」とも読めます。みつるを漢字で変換すると「充」「光流」などが出てきます。日本では古くから3は『満つ』に通じ、縁起のよい数字とされています。煩悩は108つですが、これは3で割ると36になります。

 時の流れは、円の数値で構成されていますので、基本的に3の倍数です。そのため、時間や季節など巡るものは3・6・9の回転数が自然です。その意味を込めて、陰陽師カードの枚数を36枚にしました。


かつて陰陽師は、占術と呪術の達人だったのです

 陰陽師とは平安中期に活躍した、あらゆる事件を未然に知ったと伝えられる魔術師のような存在です。四百年にわたる平安時代は、貴族文化が開花した華やかな時代でしたが、その一方、奈良時代の政治戦争で破れた人々が怨霊となって襲い、鬼や「ものの化」 が暗躍する闇の時代。これら怨霊や鬼から守るために造営した防衛都市が平安京でした。そして、その防衛役を担ったのが陰陽師だったわけです。

 陰陽道は古代の中国哲学である陰陽・五行と天文暦とを結合させて日本で成立しました。かつて陰陽師は、占術と呪術の達人だったのです。陰陽師カードには、それぞれ陰属性と陽属性がありますが、すべてのカードに陰と陽のメッセージがあります。


 それは【正位置】と【逆位置】です。【正位置】が陽で、【逆位置】が陰になります。これは善悪でもないですし、吉凶でもありません。正位置は順調で、逆位置は試練と読み取れます。順調だから良いのではなく、試練があってこそ人は成長するわけです。

何枚か引いたとき、正位置が多ければ
「物事が順調に進む」
「その考え方であっている」
「自分を信じて素直に進もう」
と考えます。

そして、逆位置ばかりだと
「今は時期ではない」
「その考え方には穴がある」
「自分の経験やスキルの浅さを見直そう」
と受け取ればいいのです。

 それぞれのカードに、起こるであろう事件や出来事に添えて、乗り越えるための対処法を記しておきました。

【式神】は12枚あり、これは十二支に由来しており、「小さな出来事」を意味します。カードには吉凶の区別ありますが、それほど大きな意味を持ちません。

【人物】の10枚は「とある人物の関わり」を示唆しています。このカードが出たら、周囲にいる誰かがキーマンになることを指します。恋愛にしてもビジネスにしても、今すでに知り合っている誰かが鍵を握っています。

【守護神】は5枚あり「偉大なる神秘の力」を意味します。5枚中2枚が正位置で出ると、「おおむね願いは通る」と判断します。ただし逆位置では、「苦労を乗り越えて結果オーライ」と考えます。恋愛占いですと、新たな出会いを意味します。


【北斗七星】は文字通り7枚で「天の計らい事」を意味します。北斗七星はおおぐま座の一部で、古くから信仰の対象となっております。戊辰戦争で庄内藩が掲げた、逆さの北斗七星は「破軍星旗」といい、「破軍星を背にして戦うと勝利する」という中国の故事に由来します。正位置は勝利のカードですが、逆位置になると「敗北感を味わう」という意味になります。


【凶兆星】の2枚は「不吉な出来事」を意味します。昔、天界に不死の甘露といわれる水がありました。あるとき天界で宴が催されていましたが、悪魔の竜が甘露水をのんでしまいました。それを知った根源神ヴィシュヌは、竜の胴体を頭と尻尾に断ち切りました。不死の甘露水をのんだ竜は死ぬことができず、ラーフ(頭)とケートゥ(尻尾)となりました。この2つは月の軌道と太陽の軌道の交点で、実体のない影の惑星です。


以上、36枚のカードで、さまざまな事象を占うことができます。
ぜひ、あなたの占術のひとつに陰陽師カードを取り入れてください。

たい焼き屋として鎌倉で成功、その後の苦労からの急展開


 先日、3人の占い師を連れて鎌倉に行ってきました。その場所は、2009年12月にオープンした一丁焼きのたい焼き屋、『なみへい』というお店です。今から13年前、そのお店ができたのです。2020年のスイーツ100名店に選出、何度もテレビで取り上げられて、アイドルのももいろクローバーや、有名な大女優さんたちも通う人気で映画のロケ地にも利用されています。


たい焼き屋として鎌倉で成功、その後の苦労からの急展開

 たい焼きなみへいの店主は昔、ぼくの店のバイトくんでした。あれは20年前、彼はとつぜんぼくの店に入るなり「この店でバイトしたいんです」とまっすぐに言うんです。今でも鮮明に覚えています。ぼくは原宿でマリアズクローゼットという古着屋を営んでいました。マリアという名称だけど、ドクロのモチーフをデザインにしていたので、彼はそれに惹かれてやってきたのです。

「東京の古着屋で働きたい!でも働くなら、ここしかない!」

 そういう情熱で、真っ向から向かってきた彼は、無骨でしたが純粋な大学生でした。鹿児島から出てきたばかりで、「昔の時代からタイムスリップしたんじゃないの?」みたいな風体だったのです。ぼさぼさロン毛で、ガリガリで全身が黒と白、ドクロのチェーンをジャラジャラと身につけ、時代錯誤な感じでした。

 他のバイトたちとは馴染めず、彼は独り浮いた存在でしたが、最後までぼくの古着屋を本気で愛してくれていました。しかし、その愚直さゆえに、ぼくと衝突してしまったのです。彼は何度か、経営者であるぼくに正面から噛み付いてきたので、ぼくは仕方がなく彼をクビにしました。

 彼はその後、職を転々として、飲食業に行き着いたのです。そして、鎌倉の地でたい焼き屋として小さな成功を手に入れました。ただし、彼はそのあと長きに渡る地獄を経験するのです。それが、信頼していたビジネスパートナーとの決別、多店舗展開での失敗という、創業者にありがちな苦労の連続でした。

 そして2014年、あることがきっかけで彼はぼくに会いに原宿まで来ました。かれこれ、7年ぶりでしたね。そのとき彼は、ぼくに昔の非礼を詫びて、力を貸して欲しいと頼み込むのです。ぼくも彼の苦労を理解できるので、昔の遺恨は水に流し事業の再建に力を貸すことにしました。

二子玉高島屋にベーグル屋をオープンし、続いてJR平塚駅ラスカにカフェを開店。

 しかし、努力もむなしく、赤字は膨らむばかりでしたので、本店のみを残してすべて撤退しました。彼にとっては断腸の思いだったはずです。ぼくも当時、問題のある工場長や店長らを、説得したり叱責したりしてあの手この手で退職させました。従業員も何名かいたので撤退は容易ではなく、長く苦しい戦いでした。

 あのときの苦労は、もう二度としたくありません。彼は、拡張の失敗で残った借金を地道に返しながら戦っています。そして先々週ぼくは、彼に提案しました。店の一角を貸してくれ。そこで占いをやるから、と。彼には断る理由などありません。

これが鎌倉ほしよみ堂、誕生の瞬間です。

 鎌倉駅から江ノ電に揺られて2つ目の由比ヶ浜駅、長谷寺に向かうバス通りの路面店ですので、土日は観光客で賑わいます。地元ではすっかり有名な愛されるお店です。外観は清潔感があってスタイリッシュですが、内装は昭和レトロな佇まい。畳の空間があって、ちょうど神棚の下の円いちゃぶ台で鑑定ブースを用意しました。

 朝10時ごろから夕方まで月曜定休となっております。ブースはわずかひとつですが、地元に愛される占い師、募集しています。やる気があって鎌倉が好きで、占いを広めていきたいと思っている人、ぼくたちと一緒に作り上げてみませんか?


お問い合わせは、ツイッターからどうぞ!
https://twitter.com/hoshiyomido_kmr

されに来月9月上旬、浅草ほしよみ堂が誕生します。場所は雷門一ノ宮通り、地下鉄A4出口の二軒隣のビル3階というめちゃくちゃ好立地です。鎌倉ともに浅草も占い師を募集しています。
https://twitter.com/asakusa_uranai

採用されましたら、ぼくのコンサル&占術講座が1時間無料で受けられます。


 エステが3500億円と比べ、占いは3倍近くの1兆円市場。 規模が1兆円市場ということは仕事に溢れかえっているということ。ただし、占いが儲かるからではなくてオシャレで楽しいし、女性らしい幸せにつながるからぼくはオススメするのです。

【おうちで占いworkのすすめ】
https://harajuku-uranai.com/lp/lunalp-official/

 占い師という仕事は、一度身につけてしまえば、リストラされても定年になっても関係なく続けられます。過去に挫折した人でも、やる気さえあれば何度でも再チャレンジできます。

自分が気にするほど、相手はあなたを気にしていない

 来月9月上旬、占い館ほしよみ堂がいよいよ浅草に誕生します。場所は雷門一ノ宮通り、地下鉄A4出口の二軒隣のビル3階。さらに鎌倉にもオープンします。鎌倉は江ノ電に揺られて、2つ目の由比ヶ浜駅、長谷寺に向かうバス通りの路面店。浅草と鎌倉ともに占い師を募集しています。両店に関するお問い合わせは、ツイッターからどうぞ!

鎌倉店
https://twitter.com/hoshiyomido_kmr

浅草店
https://twitter.com/asakusa_uranai

採用されましたら、ぼくのコンサル&占術講座が1時間無料で受けられます。


自分が気にするほど、相手はあなたを気にしていない

占い師を目指す女性から、こんな質問がありました。
「私は人前でうまく話ができません」
「人の目が気になって緊張してしまいます」

 他人の目ってだれでも気になりますよね。結論から言うと、人の目を気にすることは、悪いことではありません。「人に見られている」という意識があるから、緊張感が生まれるし、やる気も起きてくるのです。他人の目があるから、「恥ずかしい言動はやめよう」「嫌われるようなことをしない」と律することができるわけです。

 だけれど、その意識が強すぎるとまともに話ができなくなります。「知らない人を直視できない」「人前に出ると言葉が出てこない」でも、そんなふうに他人を怖れすぎたら社会生活に支障がうまれます。人の目を気にしすぎる、そう悩む人は多いですよね。

「他人の目を気にしないで自然に振る舞いたい」


 そう思えば思うほど逆にリキんでしまうわけです。さらに他人の目が気になって、もっとぎこちない態度になる。なので、ぼくは提案しました。「他人の目を無視しよう」なんて考えないで、と。

 世間には、厚顔無恥な人がたくさんいます。「逆に、もっと人目を気にしたほうがいいのに」と思うほどに。そんな恥知らずな人よりは、マシかもしれませんので、他人の目は意識してよいのです。では、なぜ人前で極度に上がってしまうのでしょう。それは《自分に自信がない》から、だと思われがちですが、じつは、そうではなく《自意識が強すぎる》のです。

「かっこいいところを見せよう」「立派な人間だと思われたい」そう考えるから、かえって不格好になるのです。

 たとえば、お客さんに対して商品の説明をするとき、話を聞く人たちは、商品に関する情報を知りたいだけ。「話している人がどういう人間か」ということには、あまり興味をもちません。なのに、緊張するあまり、何度も言葉につまってしまったら?かえって相手の目が『自分』に集中します。

 これでは本末転倒ですよね。主役は『商品』なのに。じゃぁ、なぜ、そんなに緊張するの?

 じつは、自分が気にするほど、相手はあなたのことを気にしていない…という事実を知らないからです。
「変に思われたくない」
「注目されるのが恥ずかしい」


この思いが強すぎることで、逆に注目を集めてしまうわけです。くちベタや気が弱いことが、いけないわけではないですよ。自分に劣等感をもち、それを虚勢で誤摩化そうとする。そこに問題があるのです。

 人の目を気にして萎縮するのは、「他人の目を気にしている」のではなく、「他人に見られている自分を意識しすぎ」というのが正体なのです。その彼女は、ぼくのレッスンを受けました。イメージトレーニングの方法を教えたのです。わずか3回で劇的に変化しました。

 占いの技術は、一度身につけてしまえば、リストラされても定年になっても関係なく続けられます。過去に挫折した人でも、やる気さえあれば、何度でも再チャレンジできます。占い師という仕事に、少しでも興味がありましたら、今すぐLINEに登録して、無料オンラインプログラムを見てください。

https://harajuku-uranai.com/lp/lunalp-official/


※ご不要な場合には1クリックで配信解除できます。

一度身につけてしまえば、リストラされても関係なく続けられる仕事

10年前からメルマガをはじめて明日3000回を迎えます。明日の夜、ひさびさにYouTube生配信をやります。時間は夜19時から。

【Youtube視聴URL】
https://youtu.be/Veb9XuaQORI

チャンネル登録もお忘れなく!

一度身につけてしまえば、リストラされても定年になっても関係なく続けられる仕事


 エステが3,500億円と比べ、占いは3倍の1兆円市場です。規模が1兆円市場ということは仕事があふれいるということ。ただし、占って欲しい人が多いからではなく、オシャレで楽しいし女性らしい幸せにつながるから、ぼくは占いをオススメするのです。

 こんな好条件が整った占いですが、はじめるのに壁があります。占いの習得には2つの道があるからです。ひとつ目の道は、10年以上修行してから職業にするこれまでの険しい道。ふたつ目の道は、最短1ヶ月から6ヶ月で楽しく占い師になる方法。

 ぼくの講座では後者の方法になります。勘のいい人はお気づきかもしれませんが、占いができれば、自分や未来だけではなく、人のことも分かるようになります。

 今はだいたいの人が、何かしらSNSをやっているので、対面で不自然に生年月日を収集しなくても、人の誕生日を知ることができます。誕生日を知れるということは、その人の性格や特性も知れるということです。相手を知って自分を理解できれば人間関係の不安やトラブルは回避できます。

 占いを学ぶことを勧める理由に、占いのイメージがガラッと変わったということがあります。かつて占い師というと、「古臭くて怪しい、インチキっぽい」というイメージを持つ人が多くいました。それが、この数年で急速にイメージが変わりはじめ、オシャレで高貴、「なれるなら占い師になりたい」というイメージになっています。テレビをつけても、人気占いタレントが活躍し、占いTV番組も大人気です。

 ひと昔と比べて、最近の人気占い師は、街角に立ちません。スマートフォンの普及とともに、電話やチャットで占いを、手軽に楽しめるサービスが毎年続々と登場しています。本名や素顔を明かさず、時間や場所に縛られず、スマホ1台で簡単に活動できるのです。自分の好きな時間に仕事をした分だけ報酬を得るので、とっても効率的。

 家事や育児、本業で忙しい毎日だとしても、空いている時間で、月に5万円~20万円の収入を得ている先輩たちがたくさん。年齢や経験は関係ないし、未経験者でも楽しみながら仕事ができるんです。しかも占いは一度身につけてしまえば、リストラされても定年になっても、関係なく続けられる仕事です。過去に挫折した人でも、やる気さえあれば再度チャレンジできるというのも魅力です。

アーカイブ

このページのトップへ