コラム/原宿の占い師 中島多加仁 紫微斗数タロット・占星術

HOME > コラム

15日、吉方位の開運術セミナーを行いました

初詣は行かれましたか?

もし、まだ行ってない
というのでしたら

これから
幸運のチャンスに
恵まれるかもしれません。

じつは本当の正月って、
これから来るのです。

それが旧正月です。

ちなみに今年の旧正月は
2月1日なのですが、

2月4日の立春も
重要な日であることを
知っておいてください。

その日の吉方位を
15日のセミナーで教えました。


http://kyuseikaiun1.hoshiyomishiki.com/sl/nksm/

念のためURLを貼っておきますが
セミナーは終了しています。
以下、セミナーの案内です。

また機会があれば、開催するかも?!
メルマガの読者優先の記事です。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

まだメルマガ登録していない方向け

中島多加仁より、あなたに必要な情報が毎朝届くメルマガの登録はこちら
http://www.nakashimatakahito.com/mailmag/pc/

-------------------------------------------------------------------------------------------------

↓以下、ご案内です

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
15日の14時から
吉方位の開運術を限定で教えます
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

せっかくなら初詣、
吉方位に行きたいですよね。

そのほうが、
確実に運が開けるからです。

もっとも簡単な開運方法として
吉方位の神社仏閣を参る
という方法があります。

日本中、多くの人が
有名な神社仏閣へ初詣しますが、

その中で、しっかり開運する人は
全体の1割程度なのです。

なぜなら、それは
方位の影響が関係するからです。

15日の開運セミナーでは、
とっておきの特別な開運術を伝授します。

開運方位をテーマにしたセミナーは
おそらく初めてです。

この開運方位術は、
占いの技術でいうところの
秘伝に当たるようなものなので、
おおっぴらに公開したくないのです。

ただし、
ぼくの読者さんには
喜んでもらえるものをお届けしたい
といつも思っています。

なので、明後日の開運セミナーは
メルマガでも募集することにしました。

開運セミナーでは
主に「開運」と「金運UP」について
お話しする予定です。

今年はお金も絡んだ
変化の大きい年になりそうなので
「開運」と「金運上昇」が重要だからです。

もしかすると、
バブル再来の予兆が起こる
可能性もあります。

あるいは逆に、
世界的に経済が
破壊されるかもしれません。

後者は一見
マイナスの出来事にみえますよね。

でも、「ピンチはチャンス」とは
良く言ったもので…


株価が暴落するのであれば、
暴落しそうな株からは手を引いて
次の投資の準備を始めておけば
被害を抑えられるだけでなく
財を得るチャンスも掴めます。

このようなお金を得るチャンスは、
経済や投資に限った話ではありません。

コロナでマスクが必需品となったように
必要とされるものが変わるからです。

不安定な社会が続くので、
占いもさらに人気が高まるし、

他にも副業の波が加速して
個人でもいろんな収入の得方が
できるようになるはずです。

金運UPは
お金という物だけではなく、
人の縁も運んできます。

なぜなら、お金は
人が運んでくるものだからです。

2022年は、
お金にも人にも恵まれる1年に
していきましょう。

ぼくは今、個人鑑定は
月に20名限定で
45分間 15,000円です。

日程が合わず、
2ヶ月待ちの人もいるくらいです。

このセミナーでは
どこにも公開されていない
秘密の開運術を学べて、

ここでしか受けられない
特別なコンサルを受けることができます。

直接に質問しながら
学べる機会は少ないので、
この機会をぜひご活用ください。

個人レベルで
開運術をインプットしたい方は
特別VIP席がオススメです。

ただし限定20名で、
昨日の時点で参加が
8名ほど決まっています。

ですから、
もし時間が空いているのでしたら
今日中にお申し込みください。

このセミナーでは、
次の5点についてお話しします。

1.運気をあげるポイント3選
2.開運にまつわるやりがちな間違い
3.九星別、ワンポイント開運術
4.みんな気になる”財運アップ”の技
5.祐気取り前に知っておくべきこと

以上の5ポイントを学べますので、
誰でも確実に運が上がります。

http://kyuseikaiun1.hoshiyomishiki.com/sl/nksm/


特別VIP席はちょっと手が出ない!
でも、内容がきになる…


という人のために、
傍聴席も設けました。

ぜひ、最後まで目を通して
いまの自分に必要かどうか
しっかりお考えください。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

まだメルマガ登録していない方向け

中島多加仁より、あなたに必要な情報が毎朝届くメルマガの登録はこちら
http://www.nakashimatakahito.com/mailmag/pc/

-------------------------------------------------------------------------------------------------

今年は36年に1度しか巡ってこない 五黄の寅(ごおうのとら)

あけまして、
おめでとうございます!

いよいよ
2022年がはじまりました。

とはいっても、

ぼくら東洋占術家たちにとっては
まだ新年ではないのです。

紫微斗数(しび・とすう)での新年は
旧暦1月1日になるので、
今年ですと2月1日。

四柱推命と九星気学では
毎年『立春』が年の始まりなので
今年なら2月4日ですね。

ちなみにカバラ数秘では
今日から年明けと考えます。

単純に数字だけ見ると
「2が並んでいる年」ですね。

22という数字は
マスターナンバーとも呼ばれて
ちょっと特殊な力が働きます。

2022年は合計で『6』になります。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
36年に1度しか巡ってこない
五黄の寅(ごおうのとら)という年
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

今年の干支(えと)は「寅」です。

寅というとパワフルなイメージですが
寅年生まれだからといって
豪快な性格だとはかぎりません。

日本には古来より
虎は生息しておらず

インドや中国から
輸入された生き物です。

ところが
紫式部の日記には

虎に模した作り物を煮た湯で産湯を使うと
邪気を払い生涯無病に育つ

といった内容があって、

平安時代には
虎が厄よけにつながる縁起物だと
考えられていたようです。

風水には、東西南北を守護する
『四神(ししん)』があります。

東の青竜・
西の白虎・
南の朱雀・
北の玄武のなかで

西を守護する白虎だけが
実在する動物なんですよね。

風水を信じた徳川家康も、
江戸城を中心に四神を配しました。

江戸城から見て
寅の方角(東北東)ではなく、
西に虎ノ門が造ったのです。

また、

虎ノ門にある金刀比羅宮は
柱に四神が刻まれています。

さて、
寅年の中でも2022年は

36年に1度しか巡ってこない
五黄の寅(ごおうのとら)という特別な年です。

前回の五黄の寅は1986年で
その前は1950年でした。

壬寅は干支を数えたとき
39番目にあたる年です。

そもそも十干は
日を10日のまとまりで数える呼び名です。

10日で「一旬(いちじゅん)」といい、

3つの旬が
それぞれ【上旬・中旬・下旬】で
1ヶ月という構成になるのです。

季節でいうと、
昨年の丑までの3年が冬で、
寅から春がスタートします。

つまり壬寅は

厳しい冬を乗り越え、
新しいステージに向かう準備段階

というわけです。

さらにいうと

壬は『妊』に通じ
「新しい命を宿す」
といった意味を持ちます。

十干で9番目にあたり
陰陽五行では水の陽ですから
「厳冬」や「沈滞」を表しています。

寅は『木の陽』に分類されます。

五行の『木』は春の象徴で
誕生を意味します。

人間の一生を模した十二運でも、

子(ね)が妊娠を意味し、
丑(うし)で養育されて、
寅(とら)が出産なのです。

ちなみに来年の卯(う)は、
産湯を浸かる、になります。


壬(水)と寅(木)の関係は、
「水生木」の相生(そうじょう)です。

水は木を育むので、
つまり壬が寅を強化するのです。

ちなみに壬寅の納音(なっちん)は
金箔金(きんぱくきん)になります。

納音(なっちん)とは、

陰陽五行説を礎に
中国語の音韻理論で
干支を整理したものです。

干支は60種類ですが
納音は30種類です。

干支2つに
納音1つが割り振られて
2年続けて同じ納音になります。

金箔金(きんぱくきん)は
金箔に使われる微量の金なので、

他者を引き立てるけれど
自身は薄い状態。

しかし本来は金なので、
素晴らしい資質を持っているから

実力を養うために
己を磨くことが成功につながる

という意味になります。

去年までの冬の3年間、
イマイチくすぶっていた人にも、
ようやく春が訪れそうです。

もちろん、
すべての人が
発展するわけではありません。

心から発展を願い、
素直な気持ちなれば
願いは叶いやすいわけです。

とにかく

心配事や不安があるなら
勇気を出して声にしてみること。

そういうあなたに、
今年の運勢が味方してくれます。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【占い福袋】大好評につき
☆第2弾☆ができました!


占い師3名による
20分ずつの計1時間鑑定です。


通常料金20分3300円に
特別な鑑定書3000円分つき。

あなたが御縁のある
3名の占い師となります。

鑑定書はメールにて
前もってお手元に届きます。

鑑定書での占術は
読んでのお楽しみ。

https://hoshiyomido-school.stores.jp/


また【第1弾】の

福を呼ぶ迎春!!!
『原宿ほしよみ堂占い福袋』


も、あとわずか。


所属占い師10名から
その日に待機する3名による
20分ずつの豪華な1時間鑑定と

入手不可能な
【金運の上がる霊符(3万円分)】
のセットです。


対面鑑定とZoom鑑定が
お選びいただけます。


対面鑑定は【残席3名】

Zoom鑑定は【残席7名】

オンラインの場合、
霊符は郵送されます。

年越しの大晦日は 《ある存在》を歓迎する大イベント



じつは昨日、
浅草の街を探訪しました。



日帰りのつもりでしたが
思うところがあって宿泊に。



来年は、浅草に出店します。



ほしよみ堂は勢いがあるので
好物件が見つかる予感がします。



さて、

今日は1年の最終日、
いわゆる『大晦日』ですね。



今年はどんな年でしたか?



ぼくにとって
一番おおきな出来事は、やはり
『ほしよみ式Eラーニング』の開講でした。



昨年までリアルセミナー中心でしたが
コロナの影響があって、
オンライン受講がメジャーになりました。



6月から始まって毎月受講者が増え、
合計180名以上の方々に
ぼくの思想をお伝えできました。



おかげさまでメルマガ読者も、1.5倍に増えました。



その影響で、ほしよみ堂が横浜と京都に続けて誕生したわけです。




今日は大晦日(おおみそか)ですが
晦日(みそか)は《つごもり》と呼び
月の最終日のことなんですね。



そして今月は、いうまでもなく1年最後。

最終日なので、大晦日というわけです。



大晦日といえば
年越しそばを食べたり
紅白歌合戦が定番ですね。



神社では年越しの
大祓(おおはらえ)を行い、
寺院では除夜の鐘が響きます。



なんだか世間全体が、
特別な雰囲気に包まれる日です。



年が改まって、心機一転。



年越しの行事は、
本来《ある存在》を歓迎する、
大切なイベントなのです。



その、ある存在とは、
歳神様(としがみさま)のこと。



では歳神様って、
いったい何でしょうか。



簡単にいうと《福の神》です。



詳しく分類すると3種類に分かれます。



ひとつ目は《太歳(たいさい)》という
木星を神格化した存在で、占いに使われます。



ふたつ目は《歳徳神(としとくじん)》

節分に食べる恵方巻きってありますよね。



その《恵方》を司る神様で、
五行の法則をもとに生み出された方位の神です。



みっつ目は《大年神(おおとしのかみ)》。

神話から生まれた穀物の神様です。



いずれにも共通するのが、
「春」というキーワード。



日本人のような農耕民族は、
植物の生命こそが運命を左右する偉大な存在でした。



気温の上昇とともに、
草木は芽吹く光景を見て、
新しい運気のはじまりを予感したことでしょう。



「春」という言葉には、
そうした生命の息吹と1年の期待が込められています。



「歳神様」とは、春への期待と畏敬の念の象徴。

それが福の神の正体です。



新年のことを「新春」ともいいますね。



でも「春」というには、まだ寒すぎる。



「新暦」を採用している現代では
実際の気温と違和感があります。



ですが「大晦日」も「新春」も
本来《旧暦》行事の名残りです。



旧暦を使っていた当時の人にとって
大晦日とは、新しい春、
つまり「歳神様」がくる前日。



掃除をすませ、心身を清め、
「歳神様」を丁重に迎え入れる。



そんな儀式を行う日でした。



ちなみに明日は、
西洋人にとっての正月であり、

ぼくたち東洋人の正月は、
来年は2月1日になります。



まぁ、ぼくらの文化は和洋折衷ですから
正月が2回あってもいいかな、という価値観ですね。



一般的に、その年の干支は
12の動物で呼ばれますよね。



なぜかというと、

十干十二支で60種類もあると
複雑で覚えにくいから。



つまり、

覚えやすいように12種類にして
動物を割り当てたからです。



干支で『虎』を【寅】と書くのも、
覚えやすくするため。



そして十干は、

甲・乙
丙・丁
戊・己
庚・辛
壬・癸

の10個あります。



それぞれ読み方は、

甲(きのえ)・乙(きのと)
丙(ひのえ)・丁(ひのと)
戊(つちのえ)・己(つちのと)
庚(かのえ)・辛(かのと)
壬(みずのえ)・癸(みずのと)

となります。



この十干は、

中国の『陰陽五行説』に
基づくものです。



五行説古代中国の思想で、

木・火・土・金・水の五元素が
万物を構成する

と考えるものです。



中国からきた思想に
陰陽道というものがあります。



すべては「陰」と「陽」の
2つに分けられるという考えで、

これと五行説が結びついて
陰陽五行説となっています。



十干は、
五行(五元素)をそれぞれ
兄(え)と弟(と)に分けたもの。



兄は「陽」を、
弟は「陰」を意味します。



もともとはこの十干を
『えと(兄弟)』と読んでいました。



今年の干は「辛」でしたから
次は「壬」になるわけです。



そして十二支は、

その年における木星の位置を示し、
天を12に分けた呼び方です。



来年早々に、ぼくは
『四柱推命教本』を出します。



その本の中で、
干支について深く言及しています。



そして、春ごろには
陰陽師オラクルカードが完成します。



今年はかなり発展しましたが、
来年もさらに飛躍の年になります。



それでは、
どうぞ良いお年を!




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



魅惑の街・京都に
ほしよみ堂が誕生しました。


https://www.uranai-terra.com/



京都ほしよみ堂では
占い師を大大大募集しています。



週2回から出演できれば
とてもありがたいです。



でも、週1でもかまいません。



内装がまだ完成しておらず、
プレ期間中ですので

ぜひ一緒に京都ほしよみ堂を
盛り上げていきましょう!



初期メンバーには
いろいろな特典を用意しています。



売れるためのブランディングも
本部がお手伝いいたします。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



【占い福袋】大好評につき
☆第2弾☆ができました!


占い師3名による
20分ずつの計1時間鑑定です。


通常料金20分3300円に
特別な鑑定書3000円分つき。



あなたが御縁のある
3名の占い師となります。



鑑定書はメールにて
前もってお手元に届きます。



鑑定書での占術は
読んでのお楽しみ。



https://hoshiyomido-school.stores.jp/




また【第1弾】の

福を呼ぶ迎春!!!
『原宿ほしよみ堂占い福袋』


も、あとわずか。


所属占い師10名から
その日に待機する3名による
20分ずつの豪華な1時間鑑定と

入手不可能な
【金運の上がる霊符(3万円分)】
のセットです。


対面鑑定とZoom鑑定が
お選びいただけます。


対面鑑定は【残席3名】

Zoom鑑定は【残席7名】



オンラインの場合、
霊符は郵送されます。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



椰奈空(やなく)さんの周易講座が
日時変更となりました。


https://harajuku-uranai.com/syueki_yanaku_2/


1月27日の朝11時からです。



四柱推命か紫微斗数など
東洋占術をかじったひとは
ぜひ周易も学んでください。



わずか90分で
周易の基礎を知ることができます。



残席あと4名です。



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



来月から『紫微斗数研究会』を
定期開催することになりました。



まず第1回目は、
2022年1月23日で
時間は13~16時です。



原宿ほしよみ堂での
現地参加は7000円ですが、
定員10人がすでに埋まりました。



ZOOM参加は5000円で
こちらは残席15名です。


https://harajuku-uranai.com/shibi_kenkyu/



フェス同様、終了後1週間は
録画映像をご視聴いただけます。



『紫微斗数研究会』は
定期的に開催予定です。



どんどん深堀していきますので、
今後の研究会にご期待ください。



ほしよみ堂では3年ぶりに 占い福袋が復活します

福を呼ぶ迎春!!!

『原宿ほしよみ堂占い福袋』

--------------------------------------
【内容】
所属占い師10名から
その日に待機する3名による
20分ずつの豪華な1時間鑑定。


普段は入手不可能な
【金運の上がる霊符(3万円分)】
が付いています。


対面鑑定とZoom鑑定が
お選びいただけます。

対面鑑定は10名限定↓
https://hoshiyomido-school.stores.jp/items/61bc3ee3c7258622e3a90a0f


Zoom鑑定は30名限定↓
https://hoshiyomido-school.stores.jp/items/61bc4004b8979f5adbd3cb11


販売期間は
12月17日から翌年1月7日まで。

--------------------------------------

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
ほしよみ堂では3年ぶりに
占い福袋が復活します
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

年が開けると
デパートは初売りや
福袋を求める客でにぎわいます。


魅力的な商品が
金額以上に詰まっていて、

お店によっては
すぐに売り切れてしまいます。


中身がわからないので
当たり外れもありますよね。


想像と違うものが入っていたり
自分には似合わない服だったり。


当たるか外れるか、
それも含めて一年最初の運試し、
というわけですね。


中身の総額よりも安いので、
お得なはずではあります。


それでも着ない服は
邪魔になってしまうので
損した気持ちになります。


渋谷の109や
原宿のラフォーレの前で、
買ったばかりの福袋を取り出して
物々交換する若い女性を見ます。


ぼくは、服の福袋を
買うことはありません。


でも、「服」は「福」に通じるから
縁起を担ぐニュアンスになりますよね。


ぼくがたまに買う福袋は
文房具とか紅茶などですね。


かならず使うか消耗品か、
あるいはスタッフに配って
喜ばれる品です。


そもそも福袋とは
大黒様の背負っている袋でした。


打ち出の小槌を握りしめ、
米俵の上に乗った大黒天。


もちろん袋の中にも
縁起ものが入っていたわけです。


大黒天は西洋で
サンタクロースとなって
伝承されています。


あの白い袋の中には、
子供が喜ぶおもちゃが詰まっています。


福袋の原型は
江戸時代でした。


端切れなどを袋に詰めて
初売りで売りはじめたのが
きっかけのようです。


今は服だけではなく、
貴金属や車などの高級品も
福袋として売られています。


もちろん袋には入らないですが
それでも福袋です。


ほしよみ堂では3年ぶりに
占い福袋が復活します。


いつも、すぐに売り切れます。


新年の占いは
やはり縁起がいいですからね。


来年の運気を占って
大難を小難に、
小難を無難に、

そして金運と恋愛運を
爆上げしていきましょう!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

クリスマス翌日の紫微斗数フェス、現地参加特典を追加!

クリスマスが終わった翌日【紫微斗数フェス】が開かれます。

あっというまに先着30名の70%オフが終わりました。

しかし、「追加で販売してほしい」という声がありましたので

あと20人ほど【半額】でのご提供を続けます。

本文の最後にご案内が記されていますので

最後までお読みください。

ちなみに日にちは、

12月26日(日)11:00~18:30

場所は、原宿ほしよみ堂。

現地は10名までの参加となります。

https://uranai-gakuin.stores.jp/items/619225e8c15c5a598506dbc8

現地は残席わずか3名となっております。

しかも現地参加のみの特別なプレゼントを付け足しました。

しかも4講座、それぞれに異なる内容です。

順番に説明すると…

椰奈空さんの十二宮と星講座では直筆の【霊符】を手渡しします。

ルーカスさんの鑑定法講座では【前世の因縁の見方】を披露します。

モチコさんの飛星講座では飛星の【極秘資料】を限定公開します。

菊歌さんの紫微タロット講座では、【九天玄女スプレッド】を初公開します。

以上の4つ、これらはすべて現地受講者のみの特権です。

ビデオ録画終了後に、現場参加の方だけに伝えます。

さらに講座の後は懇親会が開かれます。

鑑定歴28年のぼくだけが知っている秘密、

ここでしか聞けない紫微斗数鑑定の話が

こっそり聞ける刺激的な懇親会です。

この貴重な1日で人生観が大きく変わるはずです。


紫微斗数は、占いを超えた存在です。

あなたが前世、どんな生き方をして、どのように死んだのか?

それが命盤のある場所に記入されています。

そして、その前世のカルマを解消するすべも示されています。

どうしても解消できないカルマは飛星方位術によって開運できます。

方位取りにいくべき最適な日にちは市販の万年歴をみて

十干から三奇星(化禄・化権・化科)を飛星させます。

行かざるを得ない方角の宮に化忌星がいる場合でも、

その難を逃れる方法があります。

その宮に化禄が飛星する日を選ぶ方法です。

もしくは向かおうとする方角へ化禄が飛星する日にちを探せばよいでしょう。

ほかにも、陽宅風水や陰宅風水、結婚運や恋愛運の上昇、

事業拡大のための開運術など、多岐にわたって活用できます。

そういったことを、紫微斗数フェスで語ります。

【現地参加はこのURLから】

紫微斗数フェスは、録画されて配信されます。

当日の講座内容はビデオ録画をします。

すべての購入者は、7日間限定で録画動画を視聴することができます。

講座終了後、視聴可能になりましたらメールでURLをお知らせいたします。

長時間ですから、見逃しても安心ですよね!

【オンライン視聴はこちらから】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この4ヶ月、販売を止めていた紫微斗数Web講座ですが

期間限定で販売を再開しております。

https://shibitosu.biz/lp1508/

ほしよみ式Eラーニングでも組み込まれているとても濃厚な講座です。

「紫微斗数だけマスターしたい!」という人のために格安で販売しています。

-----------------------------

クラウド総合鑑定サービス『ほしよみシステム』は占い師必須アイテムです。

https://hoshiyomi.systems/

生年月日を入力するだけで

四柱推命・紫微斗数・九星気学という3つの鑑定結果を一括表示できます。

ありそうでなかった斬新な占いシステムです。


次世代VR事業に参入 神社と占いのバーチャルサービスをスタート!

1. 開発状況の背景
昨今、占い業界は1兆円産業にまで発展しました。かつて占いといえば路上やイベントなどでの活動が主体でしたが、20年ほど前から電話占い、10年前にチャット占いが始まり、いまやYouTubeでの活動、ライブ配信での収益、動画コンテンツによるEラーニングによって、さまざまな世代で、大きなムーブメントとなっています。

さらに占い人気と相まって、神社のブームは広い世代から注目されています。ところが全国の神社は、さまざまな縛りによりバーチャル化に足枷があります。
そこで弊社は、ほしよみ堂というブランド力に勢いをつけるべく、バーチャル神社と組み合わせることで、今までなかった仮想空間サービスを展開します。

このシステムの中には、ライブ配信サービスを使用したチャット型の対面鑑定占い機能が増設されます。



2.共同事業の経緯
現在、コロナ禍による世の中のバーチャル化、リモート化が飛躍的に加速しています。
対面での接触型が当たり前だった占い産業も急速にバーチャル化されています。
技術と開発資源を提供するケーワイアイの『チアサポ』というライブ配信に、ほしよみ堂所属占い師たち約15名が出演し、予想を上回る反響がありました。それをきっかけに、占いコンテンツを提供する『ほしよみ堂』による共同開発が実現しました。

ケーワイアイが培ったGPS、AI、通信技術、VRノウハウ技術を元に、新しいVR空間を占い市場においても、オリジナリティある新たなサービスを展開します。
      
チアサポ公式
https://www.official-cheer-supports.com/                                                
ほしよみ参道                           
https://hoshiyomi.cheersuppo-virtual.com/

3.ビジョン
今回の取り組みにより、次世代VR技術を新しい占い事業や祈りの施設と紐づけることで、究極のVR空間を形成し、より安らぎを得られる社会へと導けるものと考えています。


4.  星読み師TAKAという代表
嵯峨天皇の皇子・河原左大臣こと源融から数えて28代目。
高校時代、オカルト趣味からの派生で数秘術と西洋占星術・タロットなどに魅了され、二十歳の大事故を契機に本格的な神秘世界の門を叩く。
以降、九星気学と熊崎式姓名判断さらに風水などを学び、23歳でプロ鑑定師デビュー。
31歳で原宿に更地を購入し、自社ビルを建てる。35歳のとき東海林秀樹先生より紫微斗数、四柱推命、六壬神課、奇門遁甲などの秘伝を授かる。鑑定歴28年で4万人以上を鑑定。
占術教室を開講して16年で述べ二千人以上に教える。占い館『ほしよみ堂』を原宿・秋葉原・川崎・大阪・札幌・横浜・京都にて経営。主な書籍に『天津金木占術奥義』(東洋書院)、『ちょい足し風水』(扶桑社)、『紫微斗数占い入門』(幻冬舎)、『紫微斗数タロット占術』『しあわせになる恋の法則』(宮帯出版)など15冊。
2022年春に『陰陽師カード』を出版予定。
『予約の絶えない占い師養成スクール』は4期まで開催し、述べ四千人以上が受講。
YouTube登録者数は1年で1万5千人超え。

公式Twitter:https://twitter.com/hoshiyomi_taka


5.今後の展開について
VR機能搭載のサービスは2021年11月に仮オープンしております。今後は、参道内にショプを展開し、占いの鑑定が受けられるようになります。
また神社の社務所では、有料でおみくじが引け、本殿にお賽銭を投げると祝詞が流れる仕様になります。
将来的にはアバターを作り、参拝回数に応じてポイントが付与され、服装や髪型などがバージョンアップできるようにします。

株式会社ケーワイアイが培った技術力を元に、ライブ配信を標準化した新しいリモートVR空間の開発や、エンターテイメント市場における新たなイノベーションを起こすべく、スピード感あるサービスと開発を進めることで、他社の追随を許さないオリジナリティを追及してまいります。

待望のクラウド総合鑑定サービス『ほしよみシステム』が誕生!


今月22日と23日に

関西方面への出張が決まりました。



22日に京都へFCの打ち合わせ、

翌23日は大阪ほしよみ堂で

勉強会を開くことになりました。



もちろん講師はぼくで

紫微斗数の奥義を教えます。



8名程度の少人数制で、

2時間で15000円になります。

 

と、8時のメルマガで告知しましたら

その日の夕刻前までに埋まってしまいました。

 

 


待望のクラウド総合鑑定サービス

『ほしよみシステム』が誕生!




さて、念願だった

クラウド総合鑑定サービスが誕生しました。



今までありそうでなかった

かなり斬新な占いシステムです。



生年月日を入力するだけで

四柱推命

紫微斗数

九星気学


という3つの鑑定結果を一括表示できる

とても画期的なシステムです。



『ほしよみシステム』と名付けました。



プロ占い師に対して

現場で実際に使えるようなプログラミングを施しました。



西洋占星術も開発中で

今年中にはアップする予定です。



マルチデバイス対応で

タブレットやスマートフォンなど

どんなデバイスにも利用できます。



プロの鑑定師を意識した

PDF出力機能もありまして

整ったレイアウトでプリントアウトができるのです。



結果をPDFで出力できるから

ファイル保存もバッチリです!




「パソコンやタブレットの画面を相談者に見られたくない」

「やっぱり紙で手渡ししたい」

という方も多いですよね。



複数の命術の鑑定結果が

たった数秒の操作でわかるのは

おそらく業界初だと思います。



どの命術も鑑定に必要な情報は同じなのに、

わざわざあちこちのサービスに接続したり

異なるアプリを起動し、

同じ情報を入力するのは無駄だと感じていました。



このシステムを使うことで

そんな無駄を大幅に解消できます。



複数の命術の結果を組み合わせて分析することで、

相談者の特徴をより鮮明に立体的に捉えられます。



占い師にとっては自信を持って鑑定に臨めますし、

相談者にとっても具体的なアドバイスが可能でしょう。



ほしよみシステムを使うことで
これからは躊躇せず複数の占術を駆使できるでしょう。



有料のオプションもありますが、

無料で月15回まで使えます。



プロの占術家にも価値のある鑑定結果を提供するよう

かなり多くの情報を届けるようにしています。



情報量が多いので

ここですべてを説明できませんし

触ってこそわかる機能もございます。

 

 

まず無料で試してみて下さい。




待望のクラウド総合鑑定サービス

『ほしよみシステム』が誕生!

 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



原宿ほしよみ堂の

LINE公式アカウントもオススメです。



《誕生日占い》や《タロット3択占い》、

他にもお得な情報を毎週配信中です。



鑑定のご予約もLINEで受付していますので

お気軽にご利用くださいね。



『LINE公式アカウント』登録はこちら



https://lin.ee/wzNejKn




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



Twitterでしか配信しない

お得情報がありです!



https://twitter.com/hoshiyomi_taka



このメルマガ同様、
Twitterもちょうど10年。



フォロー忘れずに
よろしくお願いします!
 

電話占いやチャット占いとは違い、投げ銭がもらえるライブ配信


占い館を経営する上で大切なのは

商品である占い師たちの管理です。



 

どんなに素晴らしい占い館でも、

揃った人材がよくても、

収入につながらなければ生活苦となり

占い師は所属を辞めてしまいます。

 



そのため、ぼくらオーナーは

つねに新たな収入源を確立すべく

試行錯誤を繰り返すのです。



 

電話占いやチャット占いは定番ですが、

このたびライバー事務所とも提携をはじめました。



所属占い師の生活を豊かにすべく

つねに業界の先駆者たちと交渉を重ねています。



ライバー事務所と提携することで、

配信中の時間が時給として換算される

というメリットがあります。



一定の規定を満たすことで

ライブ配信中の時間が収入になります。



また、電話占いやチャット占いとは違い、

ライブ配信では投げ銭がもらえます。



それも個人の収入となります。



複数名でのコラボ配信もできるので、

所属者たちで助け合いながら、楽しくノルマを乗り切れます。



ライバー個人の『時給ランク』が上がった場合、

所属FC店舗にも謝礼をお支払いします。



視聴者さんから投げ銭をもらい、

配信中に公開生鑑定をすることも出来ます。



いくら以上投げて貰えば

マンツーマンでの鑑定も可能ですよと促すこともできます。



ライブ配信占い師として

ブランディング・スキルも向上するチャンスとなるでしょう。



なによりも顔を出す・名前を出すことで、知名度が上がります。



ファンを増やし、収入を獲得しながら占い館の広告塔にもなります。



実際、ライバーって儲かるの?



そうですね、

現在ほしよみ堂所属の見習いさんの中には

毎月13から18万円をライブ配信で稼いでいる子もいます。



ライバーが実際に

どれほど多くの収入を稼いでいるのか?



人気ライバーになると月収100万以上はザラ。



Pococha (ポコチャ) や17ライブ (イチナナ)、

BIGO LIVE (ビゴライブ)  など、配信アプリは数多くあります。



それらの大手のアプリで月間トップ100に入ると

月収は100万円を超えます。



何よりも大切なのは、

継続して毎日配信を行うこと。



最初はリスナーが少ないですが、

ライブ配信全体のユーザー数が増えているので

継続して配信しているとファンは着実に増えます。



できれば毎日1時間、配信を継続すること。



Youtubeと違って、

ライブ配信を視聴するリスナーが求めているのは

リアルタイムで一方通行でないコミュニケーション。



この点が魅力のライブ配信ではYoutubeと異なり、

必ずしも配信の内容が特別である必要はありません。



もちろん、特技があることにより

人の目を引きやすくなったり、話題の種が増えたりはしますが、

重要なのはコミュニケーションが盛り上がること。



雑談オンリーで多くのファンを獲得しているライバーも大勢います。



とくに占い師は、とにかく注目されやすい職業です。



もし、1日1時間の時間が作れるという人であれば、

ライブ配信をやってみてはいかがでしょう。



ほしよみ堂所属になれば

経験のある担当者が丁寧にやり方をレクチャーします。



問い合わせは、マリアハウスのフォームから!

https://www.mariahouse.co.jp/inquiry/

かならず『ライブ配信希望』と書いてくださいね。





★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



TwitterはSNS初心者でも

簡単に使えるツールです。



https://twitter.com/hoshiyomi_taka



メルマガ同様、Twitterもちょうど10年。



フォロー忘れずによろしくお願いします!

 

 


 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

絶対に選んではいけない占いサイトの目安


ほしよみ堂オンライン鑑定にて
占い師募集を始めました。



https://hoshiyomi-online.stores.jp/



現在15名の占い師が登録されていますが

需要の高まりを痛感しております。



ほしよみ堂所属でオンライン鑑定にチャレンジしませんか?



お問い合わせはサイト内のお問合せフォームからお願いします。



ほしよみ堂の担当者が丁寧に対応します。




オンライン占いは、

対面とは違ってスマポやパソコンで

鑑定をすることができます。



便利な反面、架空請求などの危険性もあります。



絶対に選んではいけない占いサイトの目安を知っていますか?



口コミでの評判が悪い占い師

占い会社の採用基準が甘いサイト



これが見分けるポイントです。



不安を煽ってモノを売りつけてくる占い師は

かなり減りましたが、まだ存在します。



しかし最近は、

モノを売りつけるだけではなく、

価値の低いコンサルを提供するエセ占い師が増えてきました。



かつて、ほしよみ堂でも

そういう類の占い師がいましたので

すべて除名処分にしています。



除名処分になった悪質な占い師は、

名前と写真を変えて、ブログやSNSで集客を続けています。



ぼくの生徒さんたちも、

知らずにフォローしてしまい、

甘い言葉に騙され被害にあっています。



最初は忠告していましたが

イタチごっこなので今は放置しています。



良い占い師を選ぶには

占い館に所属しているかどうか確認することです。



公式サイトがあってデザインが秀逸のはずです。



サイト内の口コミをよく読み、

自分に合った占い師を選ぶことで、

がっかり経験を減らすことができるのです。



電話占い会社の求人ページに

「初心者OK」

「誰でもOK」

というような記載があったら利用してはいけません。



採用基準が低いと占い師の質も悪い傾向にあります。



マニュアルを見ながら占いする素人や

当たり障りのない適当なことを言う

エセ占い師が多いのでご注意ください。



そんな占い師は当たるはずもなく、

悩みを改善できるはずがないので

がっかり体験となってしまいます。



占いがデタラメならまだマシで

危険な占い師が存在します。



それは、物を売りつけてくる占い師です。



そのような占い師は、

占い結果が悪かったと告げ、相談者の不安感を煽ります。



そして、運気を上げるために

アクセサリーや置物などを高値で購入

入させようとしてきます。



本当に能力のある占い師は、

鑑定だけで十分な稼ぎを得られるので、

このような商売はしません。



物を売りつけるのは、

インチキ占い師と疑ってください。



せっかくオンライン占いを利用しても

質の低い占い師にあたってしまうと

満足のいく相談ができません。



それどころか、

変な占いサイトに登録してしまうと

個人情報を悪用されたり、

高額請求詐欺の被害に合うケースもあります。



占いというのは

相談者と占い師との相性が重要です。



相性が悪いと、

占い師が十分に力を発揮できないからです。



大切なのは、

顔写真や情報が掲載されている

料金や支払い方法が書かれている


この2点です。



占い師の顔や経歴、

扱う占術などが細かく書いてあると安心できますよね。



また、かかる金額、支払い方法など、

しっかり明記されているかどうかも見落としてはいけません。



安全な占い師の特徴は以下の3点です。



1.時間を無駄に伸ばさない

2.口コミ評価が高い

3.アドバイスが的確



電話占いは1分ごとに料金がかかります。



世間話で時間をかせいで

支払い金額を高くする占い師もいます。



安全な占い師は時間を引き延ばそうとしませんし

口コミ評価が高いです。



漠然とした曖昧なアドバイスではなく、

的確な指導をしてくれます。



ほしよみ堂のZOOM鑑定は

最初に時間が決まっていますから

予算に合せて時間を選べます。



時間内で解決できるよう、

相談する内容や聞きたいことは

あらかじめまとめておきましょう。




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



TwitterはSNS初心者でも

簡単に使えるツールです。



https://twitter.com/hoshiyomi_taka



フォロー忘れずに

よろしくお願いします!

 


 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 




 

風水を学んでおけば 相談者を満足させられる




「風水を教えて欲しい」

というご依頼が続いています。



四柱推命を勉強していますが

「開運アドバイスができない」

というのが悩みのようです。




四柱推命は宿命と本質を明らかにできます。



どの運がよくて何が悪いのか

これは推命でハッキリ分かります。



しかし、分かったところで

「どうすれば人生が良くなるのか?」

という問いには答えられません。



そこで登場するのが風水というわけです。



しかしながら風水には「流派」があります。



流派によって、それぞれ使い分けが存在します。



また解釈も、条件や場所により変化します。



ぼくの場合、

それぞれの長所と短所を

補い合う使い分けをしています。



風水の流派でメジャーなのが、



 八宅派

 三元派

 三合派

 玄空飛星派 

 紫白派

 八字派

 

などです。



こんなにも流派があるのに、

日本で売られている本は八宅派ばかりなのです。



専門用語が正しく訳せない、

という問題もありますが、

シンプルでわかりやすいというのが

八宅派が普及した点です。



また、部数の少ない高額な良書は

1冊あたりの単価がとても高額になります。



出版にはコストや手間がかかります。



より多く売るため普遍的ものを…

という理由で、八宅派に集中してしまうのです。



これは風水にかぎらず、すべての運命学に共通します。



本来は、まず『術』があって、次いで『流派』があるのです。



ぼく的には流派ごとの言い分は尊重します。



固執すると結論が出なくなるからです。



やってみて効果があれば使う

これが、基本的な姿勢です。



しかし日本の風水や占術は基本的な原則はあるにせよ、

流派間の検証がないんですね。



どうしても流派によって長所と短所があります。



日本でおなじみの八宅派は、

市販書数が多いですしとっつきやすいです。



しかし、吉凶が簡略化されており、

生まれ年の相違による対立がうまれます。



それに比べ玄空飛星派は世界的に知られているので

信頼性やステータス性が高いです。



ところがロジックが難解で対立意見が多く進展がないのです。



三元派は、細かな度数での吉凶判定が可能です。



が、難点としては細かな度数の判断で吉凶が異なるため、

それが裏目に出ます。



三合派は、15度単位で判断する要素があり、とても不複雑です。



紫白派は、事象の解明や気の乱れを読むのに優れています。


ただ、八宅派と吉凶方位が対立します。



八字派は、四柱推命を応用した風水なので

個人の風水として使えます。



ただし、本当にそれで効果があるのか検証が不十分です。



このように
風水は、どれも一長一短なのです。



ですから、ぼくは複数の流派を条件別で使用します。



一流派に偏った風水師によって

かえって悪化している事例もあります。



ですから状況次第で使用し、きちんと説明する必要がある。



知名度や歴史にとらわれず、

効果のある方法を優先すること。



以上の理由から、

シロウト判断での風水は危険だと考えています。



まさに、『生兵法は大怪我のもと』なのです。



運を良くしたい

健康になりたい

収入を増やしたい

良縁に恵まれたい

 


と、願うのであれば

まず四柱推命で自分の分際を知り

紫微斗数で感情の動きを把握し

その上で風水を施すのが、ぼくぼ流儀です。



かならず開運の道はあります。



また数秘術とタロットを学んで占い師になったら

つぎに風水を勉強しましょうね。



風水を学んでおけば

お客さんを満足させられる深い鑑定ができますから。
 





☆★☆★☆★☆★☆★☆★



Twitterでしか配信しない
お得情報がありです!



https://twitter.com/hoshiyomi_taka



このメルマガ同様、
Twitterもちょうど10年。



フォロー忘れずに
よろしくお願いします!

 


 

 『日刊メルマガ』毎朝8時に配信しています。登録無料!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 



 

アーカイブ

このページのトップへ